FC2ブログ

【フランス製、スパングル刺繍の扇子】

.03 2011 マイコレクション 1 comment(2) trackback(0)
Fan, with embroidery of ribbons, stitched with sequins on a silk sheet.
France, Around 1920.
スパンコールワークの扇子1(450サイズ)

シルク地にゴールドとシルバーのスパングル
(spangle又はsequin(シークェン) 通称スパンコール)
を縫い付けた、フランス製の華やかな扇子です。
(20世紀初頭頃)






スパンコールワーク骨アップ(450サイズ)

扇子の骨の素材は、先日ご紹介したベークライト(Bakelite)です。

ホーン(角)を思わせるあめ色のベークライトに、
流れるような花模様の金彩色、
銀の粒をパラパラと散らしたようなマルカジットの象嵌。

スパンコールワーク骨、時の流れ(サイズ450)
ベークライトの柔らかな質感に、時の流れを感じます・・



ところで、マルカジット(Marcasite)とは黄鉄鋼のことでしたね。

ローズカットして研磨したマルカジットはシャープな輝きがあり、
装飾品や装飾用パーツとしてアールデコ期に人気があった金属です。

装飾品として流行する以前は、
所有するダイヤと良く似たコピーをマルカジットで作らせ、
旅行時に持ち歩いたり、盗難避けとして屋敷に置いていたそうです。
本物は銀行に預けるので、
マルカジットがその代用品になっていたのですね。



スパンコールアップ2(450)

スパングルワークの細かさもご覧下さい・・


金色と銀色が絡み合う、リボンのモチーフが美しいです。



スパングル(仏:パイエット/paillette)が
扇子の装飾に使用され始めた年代は正確には分かりませんが、
1770年代のフランス製のものからよく見かける気がします。

この頃使われているスパングルはサイズも形も同一の一種類程度で、
(大抵3つから5つの)飾り窓の周りをぐるっとスパングルで囲む、
というのが典型的です。
使用面はそのくらいで、
メインの装飾はやはり、扇面に中央に描かれた飾り枠の中の、
神話や田園男女図です。


1780年代頃の扇子に見られるスパングルは、
いくつか違うタイプものが併用され始めていますし、
使用する面積も広くなっています。


1790年頃に入ると、
スパングルと絹糸刺繍でブーケや孔雀を大きく描いた扇子が出てきます。

この時期のスパングルワークは、
フランスよりもイギリスの方が勢いがあります。
フランス革命から逃れた扇子職人がイギリスで腕を振るって
いたのでしょうか。


その後は、
スパングルメインの扇子は多くは見られなくなっていて、
1900年代の初め頃になって、
再復活しているように思います。

スパングルワーク(スパンコールワーク)の扇子は、
状態の良い物があまり残ってないので、
だいたいの印象でしかありませんが。



ところで、スパングル、スパンコールというのは、
もともとは「アラブ諸国の硬貨、シッカ(sikka)に似た装飾品」
のことを指していたそうですね。

どんな経緯を経て、
ヨーロッパの扇子の装飾に使われるようになったのか、
気になるところです。
フランス、ロレーヌ地方のリュネビルという街は特に、
ビーズやスパンコールワークが盛んだったそうなので、
その辺りから何か分かるといいのですが。




スパンコールワークfin

さてスパングルは、プラスティックや金属で出来たものがありますが、
上の扇子のゴールドの小片は
プラスティック(もしくはプラスティックに金属箔)で、
シルバーのリング状のものは金属製です。



プラスティック(合成樹脂)のスパングルでも、
昔のものは上から金属を箔付けしてあるものが多いので、
今のものよりも輝き方が深く重厚です。

昔のメタルビーズも同じく、
鉱物をすり潰して得た顔料をビーズ核に何層にもコーティングして作っているので、
メタルビーズのバックはずっしりと重厚で、
金属らしくひんやりとしています。


どんなに小さなパーツにも、
昔の物と今の物との間には、何かしらの違いがあって
それがアンティークの不思議な魅力になっているのでしょうね。



封蝋400

ゆらめく蝋燭に反射する、スパングルワークの扇子・・

夜会ではきっと、とても映えていたことでしょう・・



comment

あっきぃ
いやぁ~おっしゃる通り、夜会用だと私も思いました
スパングルを刺してる土台の透け感のある布(?)が大事。。。
ほの暗い夜の灯りに溶け込ん(布の部分は消えて)でスパングルのキラメキが本当に美しいでしょう。。。
恋が生まれそうな扇子ですね(✾♛‿♛)ノ*♡*―

古い物って時間が育てる芳醇な魅力が有りますね

人間も古い方が味が有ります
ゥ '`,、'`,、ヾ(o´∀`o)ノ ゥ '`,、'`,、
2011.10.05 18:20
Grace
あっきぃちゃん、ありがとう・・♪
そうよね、この扇子は夜に映えますね。
もうちょっと腕が上がったら、
蝋燭の灯りだけでこの扇子を撮ってみたいです。
当時そのままの雰囲気が少しでも感じられるかと。

あの津波のあとのガレキの山を見ていると
大量生産大量消費のツケを突きつけられているような
気がしてきました。
本当に必要なものが、あの中にどれだけあったのかなぁって。

出来るだけ要らないものは買わないで、
すっきりと最小限の物だけで暮らしたいですね。
2011.10.06 12:02

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://gracefulantiques.blog51.fc2.com/tb.php/68-5aae3110

プロフィール

グレース

Author:グレース
古き良き時代のヨーロッパに漂う...

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2019年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR